都市再生の記事一覧

2023/2/14

不動産ニュース 2023/2/14

JR東・東急不HD、住宅開発・再エネ事業で協業

東日本旅客鉄道(株)(JR東日本)と東急不動産ホールディングス(株)(東急不HD)は14日、環境共生・コミュニティ自助型の持続可能なまちづくりを通じた社会課題の解決と両社グループの成長を目的に包括的業務提携を締結。同日、JR東日本代表取締役社長...

不動産ニュース 2023/2/14

NTT他、相鉄沿線で市民参加型のまちづくりを検証

日本電信電話(株)(NTT)、(株)NTTデータ、(株)相鉄アーバンクリエイツ、(株)相鉄ビルマネジメント、ハーチ(株)、(株)ディー・エヌ・エーは13日、市民が気軽にまちづくりに参加できる仕組みの実証実験を開始した。対象エリアは相鉄本線「星川...

2023/2/10

記者の目 2023/2/10

押上の街を盛り上げたい!

昨年、開業10周年を迎えた「東京スカイツリータウン」(東京都墨田区)。東武鉄道が主導した一連の開発によって、もともと広大な貨物ヤード跡地が広がっていた押上エリアは、ピーク時年間3,000万人を集める一大観光地へと生まれ変わった。

2023/2/7

不動産ニュース 2023/2/7

JAREC、メタバース等をテーマに研修会

NPO法⼈⽇本不動産カウンセラー協会(JAREC)は3月13日、一般研修会「メタバースの衝撃 仮想空間と融合する都市・不動産の行方」を開催する。国土交通省都市局都市政策課企画専門官の鈴木 豪氏が「まちづくりDXのデジ...

2022/12/26

不動産ニュース 2022/12/26

NTTUS他、宮崎市で次世代型まちづくり

NTTアーバンソリューションズ(株)は23日、宮崎市および西日本電信電話(株)宮崎支店と、宮崎市において次世代型まちづくりを共同で推進するための連携協定を締結した。協定の期間は2025年4月30日まで。

2022/12/13

不動産ニュース 2022/12/13

日本郵政不、「旧ゆうぽうと」跡地の再開発上棟

日本郵政不動産(株)は、「旧ゆうぽうと」跡地で開発を進めている大規模複合施設「五反田計画(仮称)」(東京都品川区)の上棟を発表した。敷地面積約6,700平方メートル、延床面積約6万9,000平方メートル、鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造地上20...

2022/11/29

不動産ニュース 2022/11/29

水上温泉街の廃墟ホテルをリニューアル/オープンH

(株)オープンハウスグループは28日、「地域共創」プロジェクトの一環となる群馬・水上温泉街(群馬県利根郡みなかみ町)での廃墟再生の取り組みについて、メディアに説明を行なった。水上温泉街では、高度経済成長期の社員旅行・団体旅行のブームに合わせて大...

2022/10/28

不動産ニュース 2022/10/28

「所沢」駅西口に広域集客型の商業施設

(株)西武ホールディングス、住友商事(株)は28日、共同で推進する「所沢駅西口開発計画」(埼玉県所沢市)の起工式を執り行なった。西武グループは、所沢エリアを西武鉄道沿線の中心衛星都市(重要な交通拠点)と定め、郊外のベッドタウンから「暮らす・働く...

2022/10/27

2022/10/11

不動産ニュース 2022/10/11

前橋市で共助推進型まちづくりファンドを設立

国土交通省は11日、共助推進型まちづくりファンド「前橋市アーバンデザインファンド」の設立を発表した。同事業は、地域のにぎわい創出に向けて、活動や取り組みへの共感を持つ人々の寄付(ふるさと納税)等の資金拠出を受けながら、一定エリア内で自立的に行な...

  1. 2
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。